就職に強いパソコン資格講座TOP > 営業職のパソコンスキル

営業に必要なパソコンスキルとは?

営業職といっても今の時代、パソコンを扱えない人は役にたちません。

あなたがブラインドタッチやショートカットキーを知らないなら、それは致命的と言えるでしょう。 でも、心配する必要はありません。今すぐ練習すれば、1週間で出来るようになります。

ブラインドタッチが出来ない人は稀でしょうが、今後はIT化がますます進み外出先でのiPhoneやiPad、Androidなどの携帯端末から仕事をする機会は間違いなく増えます。

営業に必要なパソコンスキルとは、顧客分析や受注管理・顧客管理の為ののためにExcelやWordの能力が求められます。

その他、お客様への提案書や企画書としてPowerPointの能力も欠かすことはできないでしょう。

もし貴方にパソコンスキルがあれば、販促ツールや営業システムの導入にも携われるチャンスも生まれます。営業にはパソコンを扱えない人が多いため、頼られる機会も多くなり、社内外から求められる人材になるでしょう。

世間の営業のパソコンスキル

世間の営業職のパソコンレベルは、まだまだ低いと言えます。 稀にみるのが人差し指だけでキーボードを叩く人・・・みていて痛々しいですよね(笑)

そこまで低レベルの人は置いておいて、誰もが使うOffice系の使い方をみても「IF関数を使えば直ぐ終わるのに・・・」「いや、そこは並び替えの機能使おうよ」「一つ一つコピーしてる(笑)」 と思うことは多々あります。

世間一般の営業職にはパソコンスキルが足りないということは・・・パソコンスキルをみにつければ、 それらの人たちに差をつけれるということです。

外出先から帰社して資料作成の時間を短縮できる、Excelの顧客管理が出来ることでスピーディーに対応できるなど良い事ばかりなのです。

営業職のパソコン資格

営業がパソコン資格を取るなら「マイクロソフトスペシャリスト」です。
一般的にはMOSといわれる試験で、ワード・エクセル・パワーポイントが使える証明になります。

MOSを取ることで資料作成の効率化、お客さんへの提案書などのレベルアップが見込めます。
特に営業はパソコンが使えない人が多いためMOSを取ると周囲と差を発揮できるようになるでしょう。

営業が身に付けておきたいパソコンスキルを学ぶなら「楽ぱそ」

営業がみにつけておきたいWord、Excel、PowerPointが学べる動画講座です。

動画で分かりやすく解説されているため書籍で覚えられなかった人もストレスなく勉強が出来ます。
MOSを資格取得できるレベルまで学べますが、本当にいいところはビジネスレベルまで使えるスキルが身に付くところ。

当サイトでも人気NO.1のオフィス系スキルが身に付く動画ですよ。

楽ぱそ