就職に強いパソコン資格講座TOP > 事務職のパソコンスキル

事務に必要なパソコンスキルとは?

事務というとお茶出し、受付などをイメージする人も多いようですが、それは一部の仕事であってメインは違います。

事務職の主な仕事は社内の書類作成や見積書・請求書の作成、顧客管理やメール対応など
実はパソコンスキルが欠かせない仕事です。

営業の支援や社内管理など事務職の仕事は多岐に渡るため、Word、Excel、PowerPointなどOffice系のパソコンスキルが必須といえます。

事務職で有利にたつためには処理能力のスピード、正確性が役に立つこと事からもパソコンスキルを身に付けてスキルアップをしましょう。

世間の事務職のパソコンスキル

事務職の仕事としてお茶出しや受付は指導する事は簡単ですが、パソコンスキルとなると企業が研修や指導をするには時間も費用もかかります。

そのため企業が新規で採用しようと思ったら、
わざわざパソコンスキルのない人を採用することはありません。

事務職はいつの時代でも求められる職種ですが、応募者のパソコンスキルは決して高いとは言えません。 派遣会社では一般事務職に応募する人のために、基本のパソコン講座を開いている会社もあります。

と言うことはパソコンスキルがあれば、採用される可能性は高くなるということです。

事務職のパソコン資格

事務職がパソコン資格を取るなら「マイクロソフトスペシャリスト」です。
一般的にはMOSといわれる試験で、ワード・エクセル・パワーポイントが使える証明になります。

MOSを取ることで資料作成の効率化や改善などのレベルアップが見込めます。

事務職が身に付けておきたいパソコンスキルを学ぶなら「楽ぱそ」

事務職がみにつけておきたいワード、エクセル、パワーポイントが学べる動画講座です。

動画で分かりやすく解説されているため書籍で覚えられなかった人もストレスなく勉強が出来ます。
MOSを資格取得できるレベルまで学べますが、本当にいいところはビジネスレベルまで使えるスキルが身に付くところ。

当サイトでも人気NO.1のオフィス系スキルが身に付く動画ですよ。

楽ぱそ